--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/07/24.Fri

7月7日、晴れ

毎年、雨になりがちな七夕の日。
今年は晴れて暑い日でした。
そんなラッキーデーに産まれてきた我がムスメの
出産時レポを私の記憶が薄れないうちに書いておきます。
ちなみに時間とかはしっかり記録していたわけではないので
かなり曖昧です。^ ^;




○ 7月5日(日)


この日は朝から検診でした。
(土日も検診をしてくれる産院でした。)
NSTをやった後、先生の検診で


『あ~まだまだだね~。お腹が張ってくるように
子宮口を刺激しておくね~。』


と言われグリグリっとやられる。
あー、これが噂の痛いヤツかーって感じでした。


その検診の後は両親に電話して


『まだまだっぽいから気長に待ってて~。』


と言ったり友達にもまだまだらしいってメールしたり。
夜ご飯は片付けが面倒だけど陣痛がまだ来ないなら
のんびりやれば良いし!と思って
コロッケを揚げて食べました。
今、思えばコロッケはやめておくべきでした・・・。




9:30pm

テレビを見ながらゴロゴロ・・・。
でもなーーーんかオカシイ。
なんか張ってるような???
ちょうどその頃、こえださんからメール。
やりとりしながら間隔をチェックすると10分間隔くらい?


『いやいや、前駆陣痛かもしれないし、先生もまだまだって言ったし。』


とか思いつつもちょっと放置していた油物の鍋を片付けはじめる。
うちではベルメゾンで買ったオイルポットを使っているのですが
油の濾過にちょっと時間がかかる。
っていうか早く片付けろよ!って感じですよね。^ ^;
入れては待ち、入れては待ちを繰り返しているうちに
やっぱりなんか来てる気がする!と思い
一度、産院に電話をして10分間隔である事と
まだ耐えられる痛みだという事を伝え
先にシャワーを浴びることに。


その後、ダンナサンになんか来てる感じして
ちょっと変だから横になると伝えて布団へ。
ちなみにこの時、油の処理はまだ終わっていない。




○ 7月6日(月)


多分、日付が変わった頃だと思います。
痛みが強くなってきたのに伴い
何故か猛烈な吐き気に襲われて、何度もトイレに駆け込み
リバースを繰り返す・・・。
夕飯に食べたコロッケ達よ、さようなら・・・。
(汚い話でごめんなさい。)


この時の私の心境。


『先生、まだまだって言ったじゃーーーーーん!!!!!』




2:00am(多分)

一応、5分間隔の陣痛になったようなので
もう一度、産院に電話。
リバースしている事を伝えると来てくださいと言われ
ダンナサンの運転にて産院へ。
車でリバースしたら大変と思い、ビニール袋を大量に持って!と
ダンナサンに言ってカバンに入れてもらう。



産院に着いたらすぐ分娩台へ案内されました。
そこで着替えて助産師さんの内診で


『吐いているって言ったから来てもらったけど
まだまだだわ。子宮口1センチくらいかな?
吐き始めるとお産が早い事があるんだけど、
これは長丁場になるよ。』


と言われてガックシ。
ひとまず陣痛室へ通される。



産院にいるという事で安心したのか
この辺から陣痛間隔がかなりバラバラになる。
それでも痛さの波は来るので枕を握り締めたりして
痛さから逃れようと努力してました。



朝になってもそれ程、状態は変わらず。
そしてまたしてもリバース、リバース。
出る物がなくなると胃液みたいになってきて気分は最悪に・・・。
(ほんと汚い話ですみません。)


朝ごはんを出されたが、大して食べられる訳もなく
フルーツとヨーグルト・・・後ちょっと何か食べたような?
この辺でダンナサンは午前休だけ取ったので帰宅。
後で聞いたら家で少し仮眠してから出勤したらしい。
そして↑に書いた天ぷら鍋の片付けをしてくれました。(笑)



一人残された私。
全くお産が進まないので、この産院で出産した友達と同じように
1階~3階の階段の上り下りをさせられる。
陣痛の波が来る度に立ち止まっていると
通りかかった助産師さんや看護師さんから


『がんばってーーー。』


とか声をかけられる。
途中、陣痛室に戻ってサボっていると



『痛みの度にベッドに戻っていたら進まないよ!』


と軽く怒られたり。
そうこうしているうちに昼ごはんの時間。
昼ご飯は1階のホールで食べてくれと言われて
仕方なく1階ホールへ。
朝同様に大して食べられる訳もないのですが
陣痛の合間に必死で食べてみる。
でも大部分を残してしまい、『もう無理です!』と宣言して
部屋に戻りました。


その後、階段の上り下り再開。
お見舞いに来たらしき人にまで


『がんばってーーー。』


と声をかけられる。




3:00pm(多分)

この産院の名物?チャキチャキの看護師長さんに



『一度、帰ったら?で、洗濯とか掃除とかしてきなさい。』



と言われる。
実は言われたのはこれで2度目。
さすがに帰った方がいいでしょ?!って雰囲気だったので
仕方なくタクシーにて帰宅。
タクシーの運ちゃんが気を使ってくれたのか
気を紛らわそうとしてくれたのか色々と話しかけてくれる。
でも痛みの波の時は返事なんてマジ無理です!(苦笑)



無事に帰宅して手荷物などをバラバラと床に投げ出し
とりあえずテレビの前の座椅子に座りました。
上に書いた看護師さんや助産師さんから
家でも階段の上り下りや歩き回ってねって言われていたが
昨晩、全く寝てなかったので眠くて眠くて仕方がない!!!
根性なしの私はちょっと寝ようと思って2階へ。
陣痛の合間に寝ているっていうか寝ている合間に陣痛?
みたいな感じで過ごしました。




4:00pm(多分)

1階に置きっぱなしになっていた携帯が鳴っていたので
何とか電話に出ると、実母でした。
一度、家に帰った事を伝えてあったのですが
どうやら気になってもう近くまで来ちゃったとの事。
スーパーで少し買い物をしてきた実母がうちに来てくれるまでに
またトイレにてリバース。
朝、昼ご飯に食べた物達よ、さようなら。
(ほんと、すいません。。。)



家で一人でいるのはやっぱり心細かったので
母に来てもらえて良かったです。
痛みの時にさすって貰ったり、母の励ましで
リビングをグルグルと歩き回ることができました。




8:00pm(多分)

大分、いきみたい感覚が出てきたので産院に電話。
ダンナサンのお父さんに車で来てもらって
産院まで送ってもらいました。(家族総出ですね。)


ところが車に乗ったあたりから
またしても安心したのか?陣痛が遠のいていき
産院に着いた頃には結構、普通な私に・・・。(泣)
子宮口チェックの為に分娩台にも普通に上り
助産師さんに見てもらうと案の定、子宮口4センチ。
さすがの私もこりゃ、また帰った方が良いわと思いました。



21時頃にはダンナサンが帰宅する事になっていたので
ダンナサンに電話をして迎えに来てもらいました。
で、22時前に本日2度目のご帰宅~。



家に着いてからリビングに布団を敷いてもらってゴロン。
やはり家に帰ると痛みがやってくるーーー!
ダンナサンはリビングで仕事をしつつ
私が唸る度にさすってくれました。




○ 7月7日(火)



1:00am

ダンナサンもリビングに布団を持って来て就寝。
何かあったら言って~と言って寝てしまいました。
でもその頃になると、さっきよりも強いいきみ感が出てきて
自分でお尻を押さえるのも限界に近づく。
で、ダンナサンが寝てから30分もしない内に



『もう、マジで無理なんだけどー。電話したい。』



とダンナサンを起こす。
そしたらうちのダンナサンってば



『えぇ~!今までの感じからいったら
もうちょっと頑張った方がいいんじゃないの~。』



と言ってきた。
それでも私はこのいきみ感は来てるハズ!と思ったので
ゴリ押しして産院に電話しました。



産院に電話すると当直の助産師さんにも若干、呆れられた感じで



『じゃあ、来たら?』



みたいな感じで言われる。
もう絶えられないので、ダンナサンや助産師さんの
呆れっぷりなんて正直、どうでもいい!!!
速攻、車に乗って産院に行きました。



2:00am(多分)

産院到着後、またすぐに分娩台で子宮口チェック。
ここでようやく8センチ開!!!
やっとここまでキターーーーー!!!って思いました。
と同時に最後に飲んだウイダーインゼリーを
分娩台の上でリバース。
(もういい加減にしろ!って感じですよね。)



そんな中、助産師さんもようやく出産準備を始めてくれました。
ジブリ音楽のオルゴールCDをかけてくれると
おぉぉぉーーー!!!こういうのでリラックスさせてくれる訳よね?!
と思ったりする冷静な自分がいたりしました。(笑)



しかし、ここからもまだまだ長かった・・・。
やっぱりなかなか進まない。
陣痛間隔も5分~7分とバラバラ。
それなのにいきみ感が来る。
でも寝てないから異常に眠い!!!
陣痛の合間に何度も睡魔に勝てず落ちてました。
付き添ってくれていたダンナサンも同じように
腕を組んで寝ていたように記憶してます。
でも陣痛が来たら目が冴えるので



『キタ!キタ!お願い!!!』



と言ってダンナサンにいきみ逃しの為に
グイグイと尻を押してもらいました。
ちなみにその間、助産師さんは
それ程、見に来てくれたりしないんですね。
夜間なので助産師さんは1人だし
私の尻にばかり、かまってはいられないようでした。^ ^;



いよいよキツくなってきた所で、助産師さんを呼びました。
ものすごく、いきみたいと言うと


『じゃあ、いきんでみれば?破水するかもよ?』


と言われる。
(この辺、かなーーーりゆるい助産師さん。)



という事で陣痛の波がきたらいきんでみました。
もちろん助産師さんは私の尻にばかり構ってられないので
かなり勝手にいきんでました。
私としてはこんな勝手ないきみ方で良いのか?って
かなり不安だったのですが、とりあえずいきんでました。



そうこうしていると何となく破水?って感じがあったので
再び助産師さんを呼びました。
でもチェックした助産師さん、違うなーって首をかしげてました。
そんな感じだったので、何だかもう産ませちゃおう!みたいな雰囲気に。
話に聞いていた


『破水しました!』
とか
『子宮口全開です!』



とかいうのを全部、すっ飛ばして
何処をどうしたのかいつの間にやら頭が出てきたような感覚に。
で、ちょこっと切開しないと無理だったようなので
助産師さんが先生に電話をしました。
5分後ぐらいに先生到着。
どうやらジョギング中だったようでトレーニングウエアに
トレーニングシューズで登場。(もちろん靴は履き替えてましたが。)
その上に手術着?を着てました。(笑)



で、無事に切開してもらった後の何度目かのいきみでスルっとムスメ誕生!!!
(5:11am)




産まれてきたとたんにすごい勢いでギャース!ギャース!と泣いて
しかも泣き止まないので先生と助産師さんを驚かせてました。
ほやほやのムスメを胸の上に置いてもらって



『ふぅぅぅぅ~。やっと出てきたわ~。』



というのが正直な感想でした。
よくある感動で涙が出たとかなくてスミマセン。
感動っていうか、ほやほやのムスメは
私の気持ちを温かくしてくれたって感じでした。


その後、先生におめでとう!と言って頂き握手する。
(コレ、この産院ではお決まりらしく他の方も言っていた。)
写真を撮ってもらったりビデオを撮ってもらったり。
写真はすぐにプリントしてくれたのですが
私の顔、ヤバ過ぎ!!!
あまり人には見せられない位の
悲壮感が出てる写真となりました。(苦笑)




普通、2時間程は分娩台で休むという事だったのですが
産んで30分くらいかな?
助産師さんから


『立てる?』



と言われて歩かされ、陣痛室へ。
後でわかったのですが、次の人が待ってました。
憧れのカンガルーケアはできなかったです。(泣)
ちなみに次の人は私のすぐ後、1時間後位に出産されてました。
ほんとに私待ちだったんですね・・・。申し訳ない。




陣痛室にてムスメを横に寝かしてもらって窓の方をチラっと見たら
雲はあるものの青空が見えました。
この空は忘れられないなーって思いました。





サラっと書けると思っていた出産レポですが
書き出したらなかなかの長文になってしまいました。
下の出産報告記事には意外に安産でしたって書きましたが
こうして見ると結構、大変?
でも分娩台の上で泣き叫んだりしなかったし
吸引や促進剤なども使わずに出産できたので私の中では安産です。^ ^



ムスメが寝ている間に少しづつ書いてみました。
結構、リアルな事まで書いてしまったので
こんな事をWEB上にUPするのもどうか?と思いましたし
リバースの話なんてちょっと読みたくないですよね。
読んでくださった皆さん、ごめんなさい。



コメント欄、オープンさせてみようと思いますが
多分、レスはなかなかできないかもしれません。
いいかな?いいかな?ごめんなさい。。。




本当に長々と読んで頂きありがとうございました。m ( _ _ ) m






おまけ(笑)


2日間、寝ていないダンナサン。
出産当日も午後から出勤。
営業先で


『今朝、娘が産まれたのでお祝いに契約ください!』


と言ったらしい・・・。
でも契約取れず。
世の中、そんなに甘くない。
ムスメの名前も
『そんな逆境にも負けないでください。』という願いを込めた名前です。(笑)







スポンサーサイト
つれづれ | Comments(22) | Trackback(0)
2009/07/23.Thu

何とかやってますよー。

こんにちは。
ムスメが産まれて早いもので2週間が過ぎました。
濃い毎日です。
一日があっという間です。^ ^;



ルピシア夏の福袋



ルピシアの夏の福袋を買いました。
3000円のノンカフェインのヤツです。
ルイボスが入った物が結構あって嬉しかったわ。
写真、私の膝の上で撮ったから足が写ってます。(笑)




コメント欄のオープン、もうしばらくお待ちくださいませ。。。





つれづれ
2009/07/07.Tue

産まれましたー!

本日、7月7日5:11AM
2750グラム
47.5センチの元気な女の子が産まれました。
皆さんからたくさん応援メッセージを頂いたお陰で比較的に安産だったと思います。


個人的に携帯メアド交換している方なんかにはすでに写メールをしたのですが
プチマルシェメンバーなのにメアド知らない人もいたり。(大汗)
申し訳ない!
そのうち直接会いましょう!(笑)





携帯から
2009/07/02.Thu

まだですよー。

アップルパイとマロンパイ



まだ産まれてませんよーってしつこい?^ ^;



前回の記事の肉の写真、ちゃんと反映されてなかったですね。
モブログ・・・うーん、なんか設定とか間違えたかも。
まぁ、いっか。
PCから写真を再UPしましたけど
肉の写真なんて正直、どーでもイイですよねぇ~。(苦笑)



友達が遊びに来てくれたので簡単アップルパイとマロンパイを焼きました。
冷凍パイシートに生協で買ったシナモンアップルジャムと
ボンヌママンのマロンペーストを挟んでオーブンへ・・・。
超簡単おやつです。^ ^;





つれづれ
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。